コーヒーはただの飲み物じゃない!ダイエットにも効果あり!?

コーヒーはただの飲み物じゃない!ダイエットにも効果あり!?

コーヒーが大好きで、夏はアイスで、冬はホットで毎日必ず飲んでいます。飲み方はブラックで。何も入れないほうが、一番良く香りを感じることができると思うからです。意識して飲んでいたわけではないのですが、実はコーヒーにはダイエット効果が期待できるとか!そこで今回は、コーヒーのダイエット効果についてまとめてみました。

 

■コーヒーにはどんな成分が含まれているの?

 

コーヒーに含まれる成分で、ダイエット効果が臨めるのは、カフェインとクロロゲン酸です。

 

リパーゼと呼ばれる脂肪があるそうなのですが、カフェインはそのリパーゼを分解する酵素を活性化する働きがあるそう!

 

そして、クロロゲン酸には脂肪の分解を促す働きがあるそうです。この2つの成分の相乗効果がダイエットをサポートしてくれると考えられているみたいですね。

 

■むくみの解消にも効く

 

コーヒーには利尿作用があります。むくみとは体に余分な水分がある状態なので、コーヒーを摂取して、その水分を排出することで、体をすっきりさせることができるのかもしれませんね。

 

そういえば、飲み会の翌朝のコーヒーは普段以上に美味しく感じるかも?お酒と塩分でだぶついた体から水分を出すために、自然と体がコーヒーを求めるんだったりして(笑)

 

■良い飲み方は?

 

コーヒーの苦味が苦手な人にはうれしくない話かもしれませんが、ダイエット効果を期待するなら、ブラックで飲むのが良いそうです。

 

砂糖はティースプーン1杯で約20kcalもあるそうですよ!それを毎日繰り返していたら、砂糖のカロリーを消費するだけで精一杯になってしまいますね。

 

また、手軽なインスタントよりも、豆を煎ったドリップが良いそうです。ドリップの方が、より多くのカフェインを含むからというのがその理由です。

 

飲むタイミングですが、コーヒーを飲むと眠れなくなる人は、夜に飲むことは避けたほうがいいかもしれませんね。覚醒作用があるので、眠れなくなったり、睡眠の質が低下する可能性があります。

 

良い睡眠をとれないと、美容には逆効果。「今日は1杯も飲んでない!」と無理して夜に飲むの必要はないと思います。

 

ちなみに私は、朝食時と昼食後に飲むことが多いです。食事の後に飲むと、胃にストンとおちて、「食事が終わったな〜」と感じるからです。

 

良い効果が期待できるコーヒーですが、飲みすぎると口臭が気になったり、お腹がゆるくなたりといったうれしくない作用もあります。飲みすぎないよう注意しながら、上手に付き合いたいですね。