ダイエット中は気をつけよう!夜の食事方法

ダイエット中は気をつけよう!夜の食事方法

ダイエットをする上で、夜はあまり食事を取らない方が良いといいますが、我慢しすぎるのもストレスになって、長続きしませんよね。また、残業になってしまい、食べる時間が遅く…ということもありえますね。そこで今回は、ダイエット中でも安心して食べれる夜の食事法についてまとめてみました。

 

■なぜ夜の食事は太りやすいの?

 

夜は食事をしたらあとは寝るだけで、カロリーを消費する機会がないという人は多いはず。時間的にも22時から2:00というのは脂肪を蓄積しやすい酵素は多く出てしまうそう。だから、余計に脂肪が溜まりやすいんですね。

 

夜食事が遅いとダイエットに良くないどころか、糖尿病になりやすくなり、動脈硬化や心疾患のリスクも負うことになるので要注意ですね。

 

■夜に食事をするときに気をつけるポイント!

 

では、一体どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

@あらかじめ軽く食べておく

 

夜の食事が遅くなるのがわかっているときは、おにぎりなどの摂りやすい主食をあらかじめ食べておくと良いそうです。炭水化物は三大栄養素の1つです。食べておけば、結果的に遅めの夕食の食事量を減らすことができますね。

 

A食べる順番を意識する

 

まずは、暖かい汁物から口にするのが良いそうです。確かに水分ってお腹に溜まりますから、満腹感を早く得やすくなるかもしれませんね。また、暖かいものを体内に入れることで、内臓を温めることもできるそうです。これは消化を促す効果が期待できるそうです。

 

次に野菜を食べるのが良いそうです。これは、野菜に含まれる食物繊維は満腹感を与えてくれるからだそう。

 

そしてたんぱく質。細胞の新陳代謝に欠かせないのできちんと摂りたいですね。

 

■たくさん?む

 

たくさん噛むことで脳の満腹中枢が刺激され、早く満腹感を得やすくなるそうです。

 

また、食事の香りを良く嗅いだり、視覚的に楽しむことで食事に対する満足度が上がると考えられているそうです。暴飲暴食を避けるのには良い方法ですね。食べるときはテレビを消して、スマホを視界からはずし、かわいいお皿に食事を盛るなどの食事に集中したり、楽しめる工夫をしてみるのも良いかと思いました。

 

個人的には、夕食が遅くなる場合は、軽めにしています。お腹いっぱい食べてすぐに寝ると、胃が痛くなるので(笑)

 

軽めの食事の中でも体を温める汁物や消化の良い食べ物、またカロリーの低いものを中心に食べるようにしています。食べたものを溜めてしまう夕食は軽めで、翌日に朝食をおもいっきり食べれば、ストレスになり辛いとも思いました。